« ポリリズム | トップページ | 実は・・・また新しいこと始めちゃいました »

2008/06/24

「仕組み」仕事術

こんばんは、ビジネス書の甘い言葉にめっきり弱いたまです。

また似たような本を買っちゃいました。
「仕組み」仕事術

ある日、本屋さんへふらりと立ち寄ったら、「おすすめ書籍1位!」ってなってて、それらしいPopに促されて買ってしまいました。。(笑)

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

で、書いてあることは結構常識的な事なんだけど、実行例がこれでもか!ってほど分かりやすく書かれていてなかなか良かったです。とても読みやすくて1日でサラサラと読めます。

詳しい書評はAmazonのリンクに任せるとして、この本が言いたいメッセージはとてもシンプル。表紙に書いてあることそのものがメッセージ。
----------------------------
自分の仕事にルールをつくれ!
「才能に頼らない」
「意思の力に頼らない」
「記憶力に頼らない」
----------------------------

ビジネス書って、いわゆる経営者とか文系の人が著者であることが多くって、「確かにこの人はこの方法でうまく行くだろうけど、技術系にすんなり適用するのは難しいよなあ」って感じることが多いです。でも、この本にはすごく共感できました。

日々メールの洪水を浴び、膨大な情報を受け取り、膨大な仕事の波に押し流されそうになる昨今、やはりこういう「仕組み」を作っていくことが大事ですよね。短期的には意思の力や気合の力で何とか問題に対処できることも多いですが、それだけじゃ絶対に長続きしませんから。

あと、仕組み化って、作業系の仕事のみならず、実は考えることが必要なクリエイティブな仕事であっても重要なんだと最近よく思います。というのは、考えた手順を仕組み化して情報を残しておくと、後で仕事を引き継ぐのが楽なんですよね。時間の無い中どこまで分かりやすく資料を作るかは微妙なところですが、自分がやった仕事を常に他の人に引き継ぎやすくしておくってのも自分の身のためなんですよね。

時間が無いとついつい短期的な視点で「今は余裕が無いから、教えるよりも自分でやってしまった方が早い」と思ってしまいがちですが、引き継げるものはどんどん他人に引き継いでいかないと、自分の仕事が増える一方でパンクしてしまいますからね。

加えてこの「仕組み」仕事術、仕事だけじゃなくて、普段の生活のあらゆることに適用できます。今まで意志が弱いから・・とあきらめていたこと全てにsign01rock


今年ももう半分過ぎました。後半戦は、何事も「うまく行く仕組み作り」を意識して日々を過ごしてみようかな~と思いますup

|

« ポリリズム | トップページ | 実は・・・また新しいこと始めちゃいました »

コメント


はじめまして。
『「仕組み」仕事術』著者の泉と申します。

すばらしい書評をありがとうございます。
そして、共感していただきとても嬉しいです!

本当に気合いだけで仕事していると
いつかパンクしちゃいますよね。。


今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: いずみ | 2008/06/28 00:31

泉さん、はじめまして!
何と、著者の方に書き込みして頂けるとは驚きました。
ありがとうございます。

きっとこの辺(自分の本に関して書かれたブログ記事のチェック)も「仕組み化」されているんでしょうね!
自分も良い仕組みを構築していけるように工夫したいと思います。

今後もよろしくお願いいたします。

投稿: たま | 2008/06/29 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93053/41630261

この記事へのトラックバック一覧です: 「仕組み」仕事術:

« ポリリズム | トップページ | 実は・・・また新しいこと始めちゃいました »